新陳代謝は向上|冷え性の改善には青汁を毎日飲むことが有効的

夫婦

昔と違い飲みやすくなった

飲料

昔の青汁はとても苦くて、健康に良いとわかっていても飲むのにとても苦労しましたが、最近の青汁は昔と違い飲みやすくなっています。お子さんでも嫌がることなく飲むことが健康促進にもなります。日頃から野菜不足の方や、健康に関心のある方にはとてもおすすめです。

現在は粉末タイプの青汁も様々な企業やメーカーが販売しています。企業やメーカーによって原料の野菜や成分が違ってきます。どの青汁を飲んだら良いか迷う人も多いでしょう。そんな人のためにおすすめ青汁を紹介します。
粉末タイプの青汁は様々な野菜が原料として使われていますが、代表的なものは、大麦若葉、桑の葉、長命草、明日葉などがあります。そのなかでもケールを原材料の青汁を選ぶと良いでしょう。ケールという野菜は栄養価がとても高い野菜なのですが、そのまま食べるにはクセが強すぎます。現在はケールも品種改良が進み、どんな土地でも育つ個性のある野菜になりました。しかし、その圧倒的な栄養素の量や生命力はそのままなのでとても青汁に適している食材といえます。

さらに、青汁のパッケージの裏にデンプンやデキストリンと表示がある場合はおすすめできません。デンプンやデキストリンは青汁を作る際にかさ増しを目的として使われることが多い成分です。せっかくの栄養素が豊富な青汁も原材料にデンプンなどが入っていることで添加物を飲んでいることになります。購入する際には気を付けましょう。
現代人は食生活が乱れがちです。特に野菜不足の人は多く、深刻な問題になっています。野菜不足だと自覚している人には、ケールを原材料とした青汁をおすすめします。