新陳代謝は向上|冷え性の改善には青汁を毎日飲むことが有効的

夫婦

続けることが大切

飲料

工夫をしよう

青汁と一口に言っても、その飲みやすさには違いがあります。最初から飲みやすいように出来ているものもありますが、工夫をすることで飲みやすくすることも出来ます。青汁の青臭さや苦味が苦手という場合であれば、豆乳や牛乳に混ぜることにより、青臭さなどが緩和されますので、小さな子供でも飲みやすくなります。また、ハチミツなどの甘みを加える事で、さらに飲みやすくなります。青臭さだけが気になるという場合には、レモンやオレンジなどの柑橘系の絞り汁と入れると、比較的飲みやすくなります。青汁というと、飲みにくく我慢して飲むというイメージがありますが、無理に我慢しなくても飲み方を変えるだけで継続して飲むことが出来るようになります。

口コミを参考にしよう

青汁には原料の違いにより、様々な特徴があります。最も多く使われているのが、ケールです。他の原料と比較して豊富な栄養素が含まれていますが、多少飲みにくさを感じやすいと言えます。次に多く使用されている原料として、大麦若葉があります。ケールが原料となっている青汁と比較すると、飲みやすいのが特徴です。その他にも、明日葉を原料として使用したものやゴーヤを使用しているものなど、以前に比べて非常に種類が増えており、選ぶのが大変と感じるかもしれません。そのような時には、実際に飲んだことのある人の口コミを参考にすると良いでしょう。複数の製品を比較することが出来ますし、特徴なども知ることが出来ますので、おすすめです。